ぎゅっくぎゅっく。

ふらの・ものがたり文化の会は、2005年、上富良野町で生まれました。
現在、上富良野町を拠点に、富良野市、中富良野町などでも、幼児から大人まで幅広い年齢層で賢治童話を柱に活動しています。
ものがたり文化の会についての詳細はものがたり文化の会HPへどうぞ。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    歌ってきました!
    0

      町の実力派・上富良野混声合唱団 は、なんと、創立35周年・第30回定期演奏会を迎えました。

      この記念すべき演奏会に『白いうた 青いうた』コーナーで、一緒に歌ってくださいとお声をかけていただきました。

      歌ったのは『夜と昼』、『八月の手紙』、『なまずのふろや』、『火の山の子守歌』の4曲です。

      最初の2曲は、4月になってからの練習!

      それぞれの曲に、リーダーが生まれ、自主的に練習に勢いがつき、なんとか間に合いました。





      子どもの元気な声と、歌いこんだハーモニーが一緒になり、見事な『白いうた 青いうた』となりました。

      素敵な機会をいただき、ありがとうございました。








      今年の『白いうた 青いうたフェスティバルin上富良野』は6月24日に決定!
      何を歌うことになるのかな〜?

      もちろん、新実徳英先生と、歌姫・紫竹あかねさんが来てくれます!
      お楽しみに!
      | やまねこ | 日常 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      よしかちゃん・元ちゃん、結婚おめでとう!
      0
        上富良野Gのリーダー、よしかちゃんが
        3月10日に結婚しました!!

        お相手は、能楽師狂言方 榎本元さんです!

        6年前から狂言大蔵流の公演や、小中学校でのワークショップなどの活動を富良野沿線で精力的に行っていました。
        今では、お稽古場を持ち、お弟子さんも大人10人子ども4人となり、上富良野には足しげく通っておりました。(たまには扇をギターに持ち替えて弾き語りライブも・・・)

        気づけば意気投合した二人は結婚を決め、よしかちゃんは東京へ連れ去られました。
        (飛んで行ったのかな?)
        3月9日に東京へと旅立ちました。






        4月14日にお稽古で来られた二人に、皆で神社までお祝いに出かけました。

        『よしかちゃん・元ちゃん、結婚おめでとう!!』








        『私たちからのお祝いの歌を聴いてください!』
        今一番ノッてる『夜と昼』。曲・新実徳英 詞・谷川雁

         ♪渦のまわり およぐ鮫のえさ
          ひれをつけた 愛のものがたり♪

                ♪波ちれば笛 風鳴れば鈴
                 三日月のいろ おれのこころ♪


        もう1曲の『春』は、実は元ちゃんの作詞作曲!!
         
         ♪春はもうすぐそこまで 足音を忍ばせて
          招待状を持ってる それはたぶん君への♪

               ♪残りの仕事はぜんぶ 冬の間に片づけて
                新しく歩き出す 君のエガオが見たいな♪

        よっちが大好きでいつも歌っていた歌です。








        とても嬉しそうな二人!







        次回はいつかな?
        また来てね!
        | やまねこ | お知らせ | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        卒園・卒業おめでとう!!
        0
           お久しぶりの更新です。
          やまねこも無事帰ってまいりました。
          水晶体が新しくなり、世の中明るくなりました。
          まぶしいほどです。

          4月1日に、卒園・卒業おめでとう会をしました。(エイプリルフールではありません)
          遅くなったわけは、やまねこが旅に出ていたのと、卒園のかりんちゃんが本番の卒園式にインフルエンザにかかり出られなかったので急遽ちょっぴし本格的におめでとう会をすることになりました。
          (富良野グループのさとるくん卒業おめでとう会が別の日だったため、カメラマンが居ずここにお知らせできなくすみません)

          今日の司会は、新3年生のしゅんぺいくんです。
          前日から言葉も自分で選び、立派な司会ぶりでした。



          かりんちゃん、ゆうやくんの卒園組が二人で『ふたりで』を歌いました。
          我がメンバー中とびきり上手い二人です!



          卒業のゆいとくんは『いてふの実』の朗読です。
          澄んだ声と絶妙な表現力の朗読は『いてふの実』の明け方の空にぴったりです。



          皆でいちょうの実になり、『さよならおっかさーん』の場面を楽しみました。









          サキちゃんが選んだのは『よだかの星』でした。
          夏の「戸隠合宿」に参加したエネルギーで、よだか、お日さま、星たちの台詞の表現は抜群!



          大人からの朗読のプレゼントは『ざしき童子のはなし』です。



          最後に、『朝のきりん』を歌いながら、きりんの首にしっかりつかまって、遠くまで行きました。

          『朝のきりん』はgirafe 佐藤有介くんの作詞作曲で、私たちのテーマソングになっています。







          | やまねこ | 日常 | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          やまねこさんが旅にでました。
          0
             本日より1ヶ月間、やまねこさんが不在になります。
            その間活動はお休みになりますのでよろしくお願いします!

            短いですがお知らせでした。
            | ツェ | お知らせ | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            特別授業!
            0
               2月8日(水)
              上富良野西小学校で、1時間目の授業時間(45分間)をいただき、『月夜のでんしんばしら』で一緒に遊びました。

              授業時間をいただいたきっかけは、昨年の10月に遡ります。
              朝の自主学習時間をいただいての朗読を、3〜6年生に1年に各2回ずつ行っています。
              その中で、6年生に『月夜のでんしんばしら』を3人で朗読させてもらいました。

              「恭一は何歳ぐらい?」
              「季節はいつだろう?」

              という疑問を朗読の前に問いかけ、聞き終わってから回答をもらいました。
              そのやり取りを見てくださっていた先生から、もっと『月夜のでんしんばしら』についてやってほしい!との声が出ました。

              そしてついに2月8日にそれが実現しました!



              まず、子供たちがどのぐらい物語を覚えているかの確認。

              「恭一は自分より年上?同い年?年下??」
              この問いには年下と同い年がほとんど。
              でも夜にふっと家を飛び出したくなったり、それができるかということを考えると年上かも?
              皆は家でゲームしている方がいいみたい。

              「季節はいつだった?」
              秋!
              これもしっかり覚えていてくれました。

              「恭一は何に会った?」
              でんしんばしら!
              でんしんばしらが歩いてた!
              子供の記憶力って凄いですね!
              一度聞いただけなのにしっかり覚えてる!

              そこから、やまねこ先生のお話が始まります。

              「実は上富良野に電気が来たのは60年前のこと」

              「でんしんばしらは何の役目をしている?」
              電気を運んでいる!との答え。
              電気を運んでいるのは電線で、それを支えるのがでんしんばしらだね。

              他にもでんしんばしらが昔は木でできていたこと、腐らないようにタールに漬け込んだことなどを話しました。

              「電線って重たいんだよ。電線の中には何が入っている?」
              鉄!金属!色々な回答。
              銅!と正解を言う子も。

              「電気がもし1週間止まったら何が困る?」
              テレビが見れない!
              ご飯が炊けない!
              ストーブが動かない!
              ゲーム!!(笑)
              やまねこさんの住んでいた東京の団地ではポンプで汲み上げているから水道も使えなくなるそう。



              皆真剣に聞いてくれているよ。

              一通り話し終えると(でも話し足りない〜)ドッテテの歌をグループに分かれて歌います。
              6グループに分かれ、歌の前後の朗読を入れて歌いました。
              朗読するところを子供たちはちゃんと自主的に分担していて偉かったー!



              グループで歌と朗読の練習を数分した後、皆で円になって歌いました。
              とても元気な声で、覚えたての歌を披露する子供たち。
              ちゃっかり先生も混ざっていました(笑)



              歌を一通り歌い終わって、最後の7番目の歌を全員で合唱し、授業時間終了。
              終わってみて思うことは、やっぱり時間が足りない〜!
              身体を動かしたりしてみたかった!
              でも45分間皆と遊べて楽しかった!

              すぐに、子供たちからの感想を書いた紙をいただけました。
              感想はまたの機会に更新しますね。

              そして先生から嬉しい報告…
              「休み時間に、子供たちが歌いながら行進していました」
              皆の心に残っていたみたいで良かった〜!

              また機会があったら皆で遊んでみたいです!

              ご協力いただきました西小学校の先生方、ありがとうございました!

              今回の記事はやまねこさんに代わりましてツェがお送りしました。
              | やまねこ | 日常 | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              朗読CD完成!!
              0
                ついに昨年度から取り組んでいた朗読CDが完成しました!!
                 
                「いてふの実」
                ・編集&音楽&ジャケット
                榎本 元
                2012020416140001.jpg
                 
                「楢の木大學士の野宿 野宿第三夜」
                ・編集
                金曽 佐季子
                (残念ながら、大學士だけはまだ出来てないのです。。。
                もうしばしお待ちを!!)


                「どんぐりと山猫」
                ・編集
                金曽 佐季子
                2012020416150000.jpg
                 
                H22年度のおはなしたんけん隊で取り組んだ、絵本作りと朗読CD。
                待ちに待った完成です!!
                忙しいなか協力してくださった榎本先生とさきちゃん、ありがとうございました!!!
                 
                 
                2012020416070000.jpg
                2012020416070001.jpg
                ずいぶんメンバーが足りないけれど...
                あ〜〜〜
                なんか感動...


                | 白象 | 携帯から | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                一足先に春の訪れ
                0
                  2012020415290001.jpg
                  お花畑みたい!!
                  まぁ〜〜〜素敵!!!
                   
                  今日は人数が少ないので、お楽しみの日にしました。
                  和紙を折って、染料を角や折り目につけて...
                  みんなで折り染め♪
                   
                  2012020415130000.jpg
                   
                  また出来た!!!
                  みんな真剣。真剣。
                  染めて広げてから更に指で色をつけたり、子どもの想像力は∞!!
                   
                  今日これなかった人たちは残念ね〜
                  なんて言いながら、楽しんでおります。
                  | 白象 | 携帯から | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  第7回 『賢治童話の世界』発表会
                  0
                     
                    1月29日
                    第7回 『賢治童話の世界』発表会

                    会場は、今年も子どもたちの作品でいっぱいです。
                    合宿で作った俳句を書き初めにしました。
                    個性が溢れる作品はどれも楽しいものばかりです。





                    オープニング

                    「全軍、かたまれい、おいつ。」

                    さとるが叫んで、客席を一気に引き締めた。

                    「子曰わく、
                    これを知る者は
                    これを好む者に如かず。
                    これを好む者は
                    これを楽しむ者に如かず。」


                    ―論語より

                    舞台のソデに隠れ、陰から子どもたちの声のみでの登場。
                    声が聞こえたかと思うと全員が舞台から飛び出した!!

                    今年の司会は、4年生の二人。
                    めいちゃんともなみちゃんにお願いしました。



                    プログラム1 活動報告

                    Eさんが今年もスライドショーでの活動報告をしてくれました。
                    なんと!今年は動画つき!!
                    毎年進化しております。
                    いつもありがとう。



                    続いて、子どもたちによる「おはなしたんけん隊」で学んだことについての発表です。





                    ・SLに乗った
                      →真っ赤に燃える石炭、煙、汽笛、どれもすごい迫力でびっくり!

                    ・電信柱を建てたお爺ちゃんに聞いた

                    ・北電の人に聞いてみた
                       →私たちが毎日使っている上富良野の電気はどこから来ているの?

                    ・野宿
                       →石でかまどを組み、スパイシーカレーを作った。
                        ご飯は空き缶で炊いたよ!(ビスケットだけでもよかったけどね 笑)

                    ・勢力不滅の法則、熱力学第二則

                    ・新エネルギーの可能性

                    ・キッズ・カフェ

                    それぞれ、講師に来て下さった方々、ありがとうございました。
                    みんな学んだことを模造紙にまとめ、グループごとに発表しました。
                    緊張しすぎて舞台ソデで泣いてしまった子も…。

                    プログラム2 人体交響劇 『月夜のでんしんばしら』

                    舞台が狭いので、180度客席を回転してもらい、フラットな後ろが舞台に早変わり!




                    『ある晩、恭一はざうりをはいて…』

                    言語班、見事だったね!
                    お聞かせできないのが残念!
                    空いっぱいのうろこ雲、なかなかよかったよ!



                    3歳のまりいちゃんも、最初から最後までしっかり表現しましたよ!
                    聴覚班で、自然界の電子になって跳ねてます。



                    『…でんしんのはりがねに長靴をぶらさげたよ。はっはっは、いや迷惑したよ。』

                    恭一の気持ちがわかるようになるのはいつのことやら…(笑)



                    しばし休憩…
                    もなみちゃんがアドリブで
                    「みなさん俳句をご覧ください!!」
                    今年の司会はしっかり者!!


                    プログラム3 朗読

                    『青い槍の葉』 ―上富良野朗読グループ
                    普段学校で本読みをしているメンバーで賢治さんの詩を群読しました。



                    『蛙のゴム靴』 ―特別ゲスト:大村麦野さん(小泉P)
                    東京から朝早くの飛行機で駆けつけてくれました。
                    無理を言っての『蛙のゴム靴』
                    スカーフと身体ひとつでの一人芝居でした。
                    ルラちゃんかわいすぎ!!





                    麦野さん遠くからありがとうございました!!



                    プログラム4 合唱

                    「白いうた青いうた」より
                    曲 新実徳英氏
                    詞 谷川雁氏
                    指揮 中村恭子先生
                    伴奏 大柳瑤子さん

                    『ふたりで』
                    『ぶどう摘み』
                    『傘もなく』



                    『卒業』



                    小学校を卒業する4人が歌詞の一部分をソロで歌い、感動!!
                    母は涙々…。
                    上富良野高校の有志が応援してくれました。
                    お兄さんお姉さんの声が入るとまた、雰囲気が変わるね。




                    | やまねこ | 日常 | 18:25 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                    第7回 『賢治童話の世界』発表会のお知らせ
                    0
                       第7回 『賢治童話の世界』発表会のお知らせ

                      とき 2012年1月29日(日) 午後2時より

                      ところ 上富良野町公民館大ホール

                      *入場無料*




                      ドッテテドッテテと、線路わきの平らなところを歩いてみたり

                      SLにも乗ったり

                      電気総長(?)にも会ったよ!

                      びりりっときながら発表します!!

                      東京から麦野さんも来てくれるって!!

                      皆びりりだねっ!
                      | やまねこ | お知らせ | 15:51 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
                      うたったよ!第4回「白いうた青いうたフェスティバルin上富良野」
                      0

                        作曲家・新実徳英氏を迎えて  2011.10.10

                        このフェスティバルを始めるきっかけは鎌倉に今年12回目となる同じ会があり、ここで歌うのがとっても楽しかったからです。

                        世代をこえ、地域をこえ、レベルもこえ?みんなが精一杯うたう。

                        そで待機がなく客席からのぼり、客席にもどる!全員で聞き合う。これが原則!!

                        作曲家の新実徳英氏にきていただき、直接指導を受ける。

                        全国かけまわり、超多忙の新実氏ですが毎年小さな田舎町に来てくれる。



                        今年は7合唱団、デュエット2組、ソロ2人、特別ゲストに紫竹あかねさん、司会は毎回東京から私費でかけつけてくれる「白・青」の育ての親の榎本とく子さん。


                        出演者161名、お客様102名

                        古い公民館のホールは溢れそうです!!





                        タンネンバウム

                        『ふたりで』
                        毎回踊りながら歌っていたので、思いっきりはじけたよ!

                        『傘もなく』
                        「人生には必ずこんな暗い気持ちになることがある。
                        その時は思い出してね」
                        と話しながら
                        『ぶどう摘み』
                        年少組と中高生の掛け合いで歌った。
                        今年は地元の高校生7人が一緒に歌ってくれた。

                        タンネンバウム・・ふらの・ものがたり文化の会とお友だちが歌うときの合唱団の名前です。

                        私(大西)が多摩市で活動していた頃、谷川雁さんにつけてもらった名前ですが、北海道につれてきて去年北海道に移植しました。もみの木のドイツ名だそうです。

                        上富良野に似合うでしょ?

                        植物を育てるの苦手な私ですが、もみの木ならきっと大地と風が育ててくれそうです。





                        旭川東高校音楽部

                        全国を目指す実力派!
                        今年は逃し、上富良野で新実先生とご対面。
                        『ライオンとお茶を』演奏後、新実先生、壇上に駆け上がり、直接ピアノを弾き指導!

                        優等生の歌が殻を破った!!この瞬間に場内どよめきがおこる








                        紫竹あかねさん

                        『海』
                        『いでそよ人を』
                        『なぎさ道』
                        『南からの人々』
                        『落葉』

                        それぞれの歌の特性をくっきり聴かせてくれる

                        『落葉』の全体合唱指導はあかね流体当たりで会場中に渦をまきおこした

                        皆がファンになったよ!来年も来てね!!



                        新実徳英氏

                        上富良野の町をほぼ覚えたご様子!
                        それぞれのグループに適切なアドバイス
                        毎回、テーマソングになった『火の山の子守唄』を歌唱指導してくれます



                        すっかり遅れたわけは、写真が一枚も無かったのです…この4枚はもっちーのお父さんがDVDから取り出してくれた貴重なもの(ありがとう〜!)


                         

                        | やまねこ | 日常 | 09:51 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>
                        + PR
                        + SELECTED ENTRIES
                        + RECENT COMMENTS
                        + CATEGORIES
                        + ARCHIVES
                        + 2012年2月設置カウンター
                        カウンター by  HomePage Counter
                        + MOBILE
                        qrcode
                        + LINKS
                        + PROFILE