ぎゅっくぎゅっく。

ふらの・ものがたり文化の会は、2005年、上富良野町で生まれました。
現在、上富良野町を拠点に、富良野市、中富良野町などでも、幼児から大人まで幅広い年齢層で賢治童話を柱に活動しています。
ものがたり文化の会についての詳細はものがたり文化の会HPへどうぞ。
<< 勉強会&茶話会 | main | no title >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    第6回『白いうた青いうたフェスティバルin上富良野』
    0
       
      長々ご無沙汰してしまいましたが、活動は楽しく続いておりました〜!!!

      特に5月4日の吹雪の中の十勝岳そりすべりは圧巻でしたが、アップしてくれる人が多忙のためとうとう今日になってしまいました〜!

      覗いてくださったみなさんごめんなさい!!


      『白青フェス』もついに6回目を迎え、参加者層・地域・歌唱力も力を増し、充実感あふれる会となりました。出演者は合唱団、ソロ、トリオに特別ゲストも合わせ12グループ、お客様も多く町の公民館は
      あふれんばかりでした。










      実行委員長・和田さん挨拶
      「白いうた青いうたは歌い合い、聴き合う歌として、今後も進化を続けていくことでしょう(略)」




      司会は榎本とく子さん。毎月1曲づつ生まれた歌たちをものがたり文化の会合唱団でうたえるように
      ささえてこられた「白いうた青いうた」の育ての親!!第1回から応援にかけつけてくれ、様々エピ
      ソード織り交ぜての楽しい司会は今やなくてはならない人に。




      プログラムのトップは富良野混声合唱団 「壁きえた」。新実先生のコメントと歌唱指導。「“いきてあえた”という言葉の歴史的意味と感情の高揚を表現してみましょう」  きいていた子どもたち来年は
      これをうたいたい!!
       



      「クラムボン」はわが幼児たちと1・2年生。体中で跳ねて笑ってうたいました。あの小さい体からあんな声が出るの?! 指揮はよしかお姉さん。

            ふたりで地べたふんで そうれ ほうれ にじみて おどれ! 





       初参加の札幌市立元町中学の合唱部。この頃になると、新実先生のご指導も上着
      を脱いで・・ 会場にも熱気が!
        八月の手紙 と ちいさな法螺 を 瑞々しい力で歌い上げました。来年も来てね!



      双音(そうね)くんは双子の中1 
       
        夜と昼  ぶどう摘み  を抜群の音感で二重唱に! 今年はお母さんも応援に!!


       


      菅野晴美さんは地元上富良野の歌姫

         青い花  なぎさ道  を澄み切った声で丁寧に聞かせてくれました。新実先生から3度上げて
       歌ってみたら?  高音がとてもいいのです





      旭川東高 43名の音楽部は4回目の出演。今年も全国大会を目指す実力派

        ライオンとお茶を は3度目の挑戦!!  最後は足を踏み鳴らしての熱演  老朽化

      著しい公民館の山台は踏み抜かれてしまいました。怪我しなくてよかった!終演後の交流会

      を仕切ってくれ、片付けまで完璧! 頼もしい高校生です。
        


      第二部



      特別ゲストの田中則子さん  昨年榎本さんのお友だちが札幌で開いてくれた「白・青ミニコンサートでお会いして是非!!歌っていただきたいとお願いしました。しかも、ものがたり文化の会
      事務局だった高野 睦さんと中・高時代からのペンフレンドだった!!

      うたはここまで それぞれの色を持つ! 聴く者の心にせまり、一緒に踊る

        しらかば  はたおりむし  なまずのふろや  中世風  北のみなしご

          これは聞かなくてはわからない  ・・いつか皆さん是非!




      タンネンバウム(多摩市時代に谷川さんにつけてもらった名前、モミの木の意。北海道で元気です)

      やったね!!! ぼくは雲雀  

          英語はにがてさ  の え にこめた瞬発力!と高く飛ぶ声!ああこの歌こんなに楽しいとは!

      2手にわかれず、先行は全員で、、後行は好きな言葉を選んで歌う。2人だったり4人だったりどこから声が飛び出すかわからない。見渡す限りの麦畑から雲雀がまっすぐ高く飛び出すように!!

      1曲目なのに終わったとたんの拍手!!

      新実先生  「いやあ  参った!   ことばの爆発だね!!」  だって雲雀ですから、、みんなで飛び立ちました!!

      ほぼ小学生のわが合唱団、この日ははるばる駆けつけてくれた高野さんの声が迷子にならぬように

      朗読班の歌い手大窪さんが前日猛特訓!2曲をものにしました。男声3人にさとるくんも堂々と。


      2曲目は  あしたうまれる  まだ早いと思っていましたが、1月の発表会であかねちゃんが歌って
      くれ、子どもたちから歌いたい!とのリクエスト。静かな月の光の語り、、

       おまえの ひずめが  丈夫になったら アジアのはてまで  ふたりでゆこう  はセリフとして

      小さな子たちが一所懸命歌う声は不思議な力がある(谷川さん 聞こえたかな?) 密かに涙!!





       新実先生 「これは おどろいた」  子どもたち2曲を見事に歌いわけたのでした




      トリアングル  親子3代のみごとなハーモニー  しかも

          火に山の子守歌    ライオンとお茶を  このライオン・・は去年東高生が歌ったのを聞いた
       
      かおりちゃんが気に入り今年歌いたい!と選んだとのこと。 となりのオルガンが伴奏者です!





      梅津 理架子さん   ソロで第1回から参加、、北海道中を精力的に活動。今年は網走市からの
      参加です。合唱団north voice   のメンバーでもあります





      レディースコーラス花音   地元の合唱団です  

      北極星の子守歌   南海譜   やさしいしっとりとした丁寧な歌声で会場を包みました




      最後は札幌からの 合唱団north voice   

         北極星の子守歌  ライオンとお茶を    今年はライオンさん大人気でした

      それぞれのよさが楽しめるこのフェスティバル!!





      シメはお客様も一緒に、全体合唱!!北極星の子守歌  「つぶてソング」から 夢があるのなら(詩人・和合亮一さんの『詩の礫』より)
        復興ままならない東北へのおもいをこめ全員で歌いました。

      北極星の子守歌は上富良野のフェスティバルのテーマソングになってます。だって十勝岳の裾野の
      町ですから。

      世代をこえ、地域を超えて、聴く人も歌う人も一緒に楽しめるフェスティバル!!また来年!を約束し
      なごりを惜しみつつ幕となりました。
      | やまねこ | 白いうた青いうた | 17:23 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 17:23 | - | - | - | - |
        わぁ、ほんとに歌声が聞こえてくるようだね。 高野おじさんのブログで、先に見てたのですが、出演者全員の歌がよくわかりました。立ち上げるのもすごいけど、もう6年も続いているなんてスゴイ!今年はあかねちゃんが行けなくて残念だったけど、誰が欠場しても、ちゃんと役者が揃うのがすごいね!
        | かんからかん | 2013/08/06 8:51 PM |









        http://furanomonobun.jugem.jp/trackback/59
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 2012年2月設置カウンター
        カウンター by  HomePage Counter
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE