ぎゅっくぎゅっく。

ふらの・ものがたり文化の会は、2005年、上富良野町で生まれました。
現在、上富良野町を拠点に、富良野市、中富良野町などでも、幼児から大人まで幅広い年齢層で賢治童話を柱に活動しています。
ものがたり文化の会についての詳細はものがたり文化の会HPへどうぞ。
<< 第5回『白いうた青いうたフェスティバルin上富良野』 | main | きのこ採り >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    アンモナイト化石採集と野宿体験
    0
       ご無沙汰、お許し下さい。

      8月7日〜8日、第三回十勝岳たんけん隊は化石採集と野宿でした。

      一昨年は沼田町で300万年〜500万年前の地層でタカハシホタテを採集したので、“今年は是非とも中生代の地層に取り組みたい”と、子供達からのたっての願い。
      でもね、北海道で中生代の地層はたいていクマと出会いそうなとこばかり。
      一体どこへ行けばいいのかと悩んでいたところ、身近にアンモナイト博士がいたのです!

      森 伸一先生(道立富良野緑峰高教諭)
      この5月、アンモナイト写真集を自費出版したばかり。早速、高校を訪ねました。
      理科室には、棚から床から机の上から・・・大小様々、直径80cmはありそうな大物や、可愛いアンモナイトの赤ちゃんまで・・・とにかく理科室はアンモナイトで埋まっているのです!
      小学生のたんけん隊の案内人をお願いしたところ、快く引き受けていただました。

      準備不足で写真がないのが残念ですが、下記のアドレスから先生の本や記事を是非ご覧下さい。

      http://www.amazon.co.jp/dp/4863680295

      http://www.hokkaido-nl.jp/detail.cgi?id=12454


      持ち物は、軍手、長靴、ゴーグル、とんかち、新聞紙、ビニール袋、おべんとう、のみもの。
      更に野宿用の寝袋、レジャーシート、タオル、まな板、包丁、たまねぎ、じゃがいも、米一合に、350ミリのアルミ缶。
      みんな大きな荷物で元気に集まってくる。
      この日のたんけん隊は、大人子供合わせて50名。先生もこんな大勢での化石探しは初めてとびっくり。


      野宿用の荷物は一旦預け、バスで芦別川を目指す。
      この日もうひとり講師として、化石名人の矢野達也先生(横浜在住)が付き添ってくれました。





      「ここは八千万年前の中生代の地層。アンモナイトを探すには、石をハンマーで割ってください。破片が飛ぶので必ずゴーグルをかけてください。」




      みんなそれぞれ、次から次と石を叩き、探し始める。




      みつけたよ〜!!




      中には、何個もみつける子も。




      大小様々、全員がアンモナイトの化石を持ち帰ることができました。
      (どうやらここはアンモナイトの墓場だったらしい)
      賑やかなたんけん隊は、クマにも合わずに済みました。







      化石探しを終え、上富良野に戻り、野宿地で小休止。
      場所は去年に続き、上富良野の丘の上の松岡さんのお庭です。




      まず、石を組み、かまど作りから。
      お米一合を350ミリアルミ缶に入れ、水を満たすとちょうどご飯が炊けます。
      全員(一年生も)がまな板、包丁持参で、野菜を次々に切って準備。




      でも、何しろ50人。去年の10数人のようなわけにはいかず、なかなか火のまわりが難しく・・・
      重みで缶を乗せたあみがかたむいてしまい、なかなか炊けない・・・
      カレーはできたが、ご飯がまだだよ〜!




      やっと食べたのは薄暗くなってから。
      差し入れがいっぱいで、トマト、キュウリ食べ放題!
      松岡さん、一色さんありがとう!ごちそうさまでした!
      朝からの化石採集の疲れも吹き飛びました!

      池のほとりは涼しく、満天の星は一つ一つが大きくて、綺麗!
      街から約2キロ離れただけでこんなに星空が違うなんて!
      さすが「星空の美しい町日本一(朝日新聞読者アンケート)」に選ばれた上富良野の夜空です。





      朝食は、パン、ウインナー、トマト、キュウリ、メロン、スイカ、バナナ、
      和田牧場からの搾りたて牛乳の甘かったこと!
      みんなおかわり!




      朝の涼しいうちに、矢野先生の授業。
      芦別岳と十勝岳の生い立ちの違いについて。




      松岡さんからは、現代の農業問題!?




      しっかり学習しました。
      そのあとは、広いお庭や畑の周りをみんなで鬼ごっこ!!
      子供たちは疲れ知らず!
      お庭を荒らしてごめんなさい。
      やっぱり野宿はいいなぁ。




      解散は日の出山公園のロッジ。
      感想文も書き上げました。
      全員無事に怪我もなく二日間のハードな日程をやり遂げました!
      お疲れ様。
      助けてくれた皆さんありがとう!!




      今回も、移動はすべて凌雲閣の會田さんのバス。お世話になりました。


      | やまねこ | 十勝岳たんけん隊 | 18:57 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 18:57 | - | - | - | - |
        す すごい人数だなぁ〜アンモナイトもおちおち眠っておられんとびっくり仰天したことでしょう。やまねこさんも戸隠合宿、モンゴル、ババばあちゃん修行と馬車で西へ南へ飛び回ってお疲れさんでした! 
        | かんからかん | 2012/09/29 7:44 AM |
        ほんと、一ヶ月の留守!帰ってみるとすっかり秋・・10月7日にはたんけん隊は十勝岳にきのこ採りに出かけます!!北海道の秋は美味しいよ〜!!みんなおいでよ〜
        | やまねこ | 2012/09/30 10:50 PM |









        http://furanomonobun.jugem.jp/trackback/54
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 2012年2月設置カウンター
        カウンター by  HomePage Counter
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE